求めるレベルに合わせて英会話教室を選ぼう

女の人

TOEIC新テスト

ウーマン

英語を勉強してて、身についているかどうか調べるためには試験を受けることになります。いくつか試験がありますが、有名な試験は英検とTOEICです。外資系企業や英語を使う企業だと、応募条件としてTOEIC何点以上という条件があります。この試験ですが、2016年の5月からテスト内容が変わっており、TOEIC対策に多少の変更が必要になりました。以前のテストの参考書を持っていてもテスト対策としては使えない可能性があります。どのような点が変わったのかTOEIC対策として知っておくといいでしょう。まず難易度ですが、以前のテストと変わりません。もし変わってしまうと英語能力を図るテストにはならなくなってしまうからです。また、以前のテストが簡単であれば、就職などに有利不利ということが発生してしまいます。時間や配点も変更はないです。リスニングセクションの問題形式は変わりませんが、パートによって問題数が変わりました。また、gonnaなどの口語表現が使われるようになりましたので、TOEIC対策するのはこのあたりになってきます。リーディングセクシションのパート7の文書が、以前は1つの文書と2つの文書の問題でしたが、1つの文書と複数の文書に変更になりました。しかし、形式が変わっても英語であることにはかわはないため、数回の模擬テストを行えば、新形式のテストにも対応できます。テスト形式に慌てて本来の実力が発揮できないようなことになってしまうともったいないので、模擬テストでTOEIC対策をするといいでしょう。